高見馬場 児玉歯科クリニック
 
 
 
 
 
     
  クリニックのご案内  
院長のご紹介
インプラント
歯周病治療
レーザー治療
審美歯科治療
ホワイトニング
歯科用CT(断層)画像診断
矯正治療
顎関節症
料金一覧
リンク
     
 
 
 
ご予約・ご変更はこちらからどうぞ
 
  メールでのお問合せ  
     
 
 
 

インプラント治療

歯の失われた部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込みます。
インプラントによって、残っている歯に負担をかけたり削ったりすることなく
審美性、機能性の回復が可能となります。

インプラント治療の流れ
 STEP1 診断と治療計画
レントゲンやCTなどによって十分な診断の後、インプラント治療に関する説明を行います。
また、歯周病がある場合は、インプラントの持ちが良くなる様に、歯周病の治療を先に行います。
 STEP2 インプラント手術
チタン製の小さなネジのような形状のインプラントを局所麻酔で顎の骨に中に埋め込みます。
骨の量や厚みが不十分だった場合には、骨を作る処置を追加で行うことがあります。
骨を削る インプラント用の孔をあける インプラントの埋め込み

ドリルで骨を削ります。

  インプラントを入れるための孔が出来ました。   インプラントを埋め込みました。
 STEP3 インプラントと骨がくっつくのを待つ
インプラント インプラントと骨がしっかりとくっつくまで約2〜3ヶ月待ちます。
患者さんの骨の状態によってはここで歯ぐきの処理を行うことがあります。
 STEP4 歯の装着
人工の歯を取り付けます。
インプラントを良い状態で長持ちさせるには、インプラント治療の終了後はホームケアが重要です。 正しい歯みがきと半年に一度は定期検診を受けましょう。

インプラント治療のバリエーション
【歯を1本だけ失った場合】
治療

従来の治療法では、
両隣の歯を削ってブリッジにします。

  インプラントにより健康な歯を削ることなく機能回復できます。
また、審美性にも優れています。
【歯を数本失った場合】
治療

従来の治療法では取りはずしの部分入れ歯になります。
金属の止め金や装置があり審美的にも機能的にも不十分です。

  歯のない部分に最適な数のインプラントを入れ、固定式の人工歯をとりつけます。
自然歯と同様の噛みごこちで、外観も自然です。
【歯のない部分が広い場合、歯が全くない場合】

入れ歯を支える土手が吸収してしまい入れ歯がズレやすく硬い食事は困難です。


数本のインプラントを入れ、維持装置を取りつけます。この上に、取りはずし式の入れ歯をしっかりと固定することができ入れ歯がズレたりはずれたりしにくくなります。
また、多数のインプラントを使えば固定式の人工歯を入れることができます。

<< 入れ歯装着時

 

十分な骨がない場合
インプラント治療に十分な顎の骨がない場合、
骨再生透導法(GBR法)により骨幅を増大させることも可能です。
術前 術後
GBR法(前) 治療 GBR法(後)
 
 
サイトマップ
 
Copyright 2009 Kodama Dental Clinic All Rights Reserved.