高見馬場 児玉歯科クリニック
 
 
 
 
 
     
  クリニックのご案内  
院長のご紹介
インプラント
歯周病治療
レーザー治療
審美歯科治療
ホワイトニング
歯科用CT(断層)画像診断
矯正治療
顎関節症
料金一覧
リンク
     
 
 
 
ご予約・ご変更はこちらからどうぞ
 
  メールでのお問合せ  
     
 
 
 

歯周病治療

歯周病とは?

歯周病とは歯周病菌の増加により歯ぐきと歯を支えている骨(歯槽骨)に起こる病気です。初期の段階ではほとんど症状がなく、ゆっくりと進行しそのまま長い間放置すると、進行して歯を支えている骨が溶けていきます。
そうすると、歯がぐらぐらしたするようになり、固い食べ物を噛むことができなくなり、やがて抜かなくてはならなくなります。
歯周病は成人のおよそ8割が罹患しており、気づかないうちに徐々に進行していく事も多い疾患です。以前は歯槽膿漏と呼ばれていました。

こんな症状ありませんか?

歯ぐきが赤く腫れている。
歯みがきの時に出血する。
ムズガユイ感じがする。
時々腫れて痛む。
歯が長く伸びたように見える。
歯がグラグラ動く感じがする。
歯と歯の間に食べ物がはさまる。
歯ぐきを押さえるとウミが出る。
朝起きたときに
  口の中がネバついて変な味がする。
息が臭いと言われる。
健康な歯ぐきと歯周病の歯ぐきの違い(図)

歯周病の検査とは?

歯周ポケットの深さを測ります。 歯と歯ぐきの境目にある溝を歯肉溝といいますが、歯周病になるとこの溝が深くなり、ポケット(歯周ポケット)と呼ばれるようになります。
病気が進行するにつれて、このポケットの深さも深くなります。歯周病の進行度を知るためにポケットの深さを測ります。
深いポケットは歯周病菌のすみかとなるので、歯周病の治療でこのポケットをなくして、歯周病菌が住めないようにします。

歯周病治療について

歯周病治療前の歯茎
 
歯周病治療前 図2   歯周病治療前 図1   歯周病治療前 図3
   
 
  歯石やプラーク(歯垢)がついて、歯茎が赤く腫れています。  
 
歯周病治療後の歯茎
 
歯周病治療前 図2   歯周病治療前 図1   歯周病治療前 図3
   
 
  歯茎が綺麗に引き締まって健康な歯茎に戻りました!!  
 
当院では通常の歯周病治療はもちろんのこと、より専門的な歯周病治療も行っております。

 
<< GTR法 >>
 
歯周病で失われた歯根膜や骨を再生させる手術です。
     
GRT法 図1 GRT法 図2
矢印の犬歯部分にGTR法を行いました。
 
 
GTR法 X-ray図1
        術前
         犬歯の部分の骨が垂直性に
         吸収しています。
GTR法 X-ray図2
        術直後
         コラーゲンの材料を用いて
         GTR法を行います。
GTR法 X-ray図3
        術後2年
         骨が再生して
          しっかりと歯を支えています。
 
 
 
サイトマップ
 
Copyright 2009 Kodama Dental Clinic All Rights Reserved.